益水興産有限会社/Masumizu-Kosan Co. Ltd

地産地消から地産多消に。

近 年,食を取り巻く社会問題が発生する中,農作物への消費者ニーズは,価格だけでなく「安全・安心」「おいしさ」「品質」へとシフトし,それらを満たす「国 産農作物」への期待は高まっています。さらに,低い食料自給率,環境保全意識の高まりなど,社会・経済状況の様々な変化も相まって、農業に対して私たちの 考え方も変わってきています。

弊社は、給食会社としても、地域の農作物を使う地産地消の取り組みを早い時期から行ってきました。地域の農家の方から野菜を分けてもらっており。米などは平成21年度からほとんどをこの地域産のものに切り替えています。

最近の不況の影響で今まで地域の雇用を支えてきた工場で、これ以上の雇用を支えることは難しく何か別の産業が必要になってきています。この地域の条件を最大限活用するには農業こそが中山間地域が生き残っていく道であると思います。

益水興産の農業(アグリ)事業の掲げる目標

農薬不使用の野菜

種に予め農薬が利用されていたり、まわりの農家が散布したものが届くことがあるため現実には無農薬は嘘になります。現実的な意味で、できるだけ無農薬に近い農薬不使用の野菜を育てます。

高栄養の野菜

野菜は本来栄養価の高い食物ですが、よりその野菜に適した環境で育てることで、野菜が本来もつ力(栄養)を最大限引き出し、栄養価の高い野菜を栽培できると考えています。

日持ちする野菜

野菜には生モノですから、美味しく頂ける期間があります。その期間をすぎると商品として価値が下がり農家にはロスとなります。日持ちをすればそれは農家の利益となります。

この三つを達成するため挑戦を続けます。

アグリ事業の更新情報

△TOP
益水興産有限会社  〒731-1515 広島県山県郡北広島町壬生433-4 Tel:0826‐72‐7750  Fax:0826-72-7750
Copyright (C) 2009 Masumizu-Kosan Co. Ltd All Rights Reserved.