益水興産有限会社/Masumizu-Kosan Co. Ltd

カフェレストメニュー一新


カフェレストみぶは、12月1日から メニューとシステムを更新します。

日替わりメニューは、4っつのメニューのローテーションにします。

そばは廃止しました。 全体的にメニューを縮小しています。

看板も新しくしました。ご来店をお待ちしています。

看板変えました!

 

食券機のメニュもシンプルになりました

玉ねぎ苗


今年はうまくいきました。 去年は空きがなくて露地の変な場所に播き、大雨と虫でほぼ全滅させました。苗を買ったので予定の半分しか植えれませんでした。

今年はハウス使って、7月から堆肥を入れて土づくりの上太陽熱消毒して、9月21日に1.2リットル種をまいています。

少しだけほんの少しだけ、根切り虫にやられましたがほぼ完璧です。肥料分が多いハウスなので肥料は堆肥と少しの尿素だけです。

やはり 商売でやる以上120%の準備をしなければならないと改めて思いました。今の段階で完璧なら植え付けまでに80%になるかもしれませんが0にはなりませんから・・

いい色なので追肥はせず様子を見ます。

 

玉ねぎ苗

ほうれん草収穫


秋最初のほうれん草の収穫です。

今年は本当に猛暑で8月には連日農園の温度計が40度を記録しました。35度以上が25日くらいありましたから、ちょっとすごい状況でした。

9月になっても30度を超える日が続き不安でしたが、ほうれん草を9月2日に播種しました。約40日で収穫できました。

ちょっと徒長しましたが、まあまあです。全く薬を使わずに虫はほぼ出てません。

7月~8月の太陽光消毒が効いてます。

まあこれから取り返します。

ほうれんそう

里芋


里芋を作ってみました。

当然設備は作りました。

生育のむらが気になります。 どうもこの畑ミネラル分がないようです。慌てて追肥で入れましたが少し戻ってきました

里芋

エンジンポンプによる潅水


人参を作ろうと思い 種を買います。大方の種の播種適期は夏蒔きで7月下旬から9月 春蒔で3月中旬から4月中旬です。

いやー春は良いんです。適度に雨も降ってくれれば 耕してもそんなに簡単に地面も乾きませんから。

夏はそうは行きません。 一ヶ月まともに降らないことは普通ですし 最近はゲリラ豪雨も、夕立も降りません。

ちょっと夕立が来ても 表面がちょろっと濡れるくらいで、10センチほったらサラサラなんてことはよくあることです。

エンジンポンプ40mm

50mmポンプフィルター付き

うちは水田からの転換なのでバルブなんてついてません でも用水路には水が流れています(水稲用)

そこでポンプです。これが中くらいのポンプで10キロと軽いので必要な場所で使えます。

上の方から出ているのがサクションホースで水を引く為に使います。先は用水路に突っ込んであります。

(サニーホースとかは水を引くのに適していないようです)

以下備忘録として(あんまり地元に詳しい人や業者もいないようなので ほとんどインターネットで仕入れた知識を実地で試してみたので

結構お金もかかるので同じような失敗をしないように記しときます)

★エンジンポンプ本体 結構種類がありますが 使いたい潅水資材の説明書を読んで必要な圧力が手に入るような品を選びましょう。25mmのポンプより40mのポンプがパワーはありますし50mmのポンプのほうが当然パワーはあります。パワーがあればあるほど大面積に大量に水が撒けます。ちなみにパワーが足りない場合はスプリンクラーや潅水テープが性能表示の半分くらいしか水を撒けないなどに症状によりすぐわかります。写真のポンプは40mmですが50mmに継ぎ手で径を上げて使ってみましたが使いたい資材(スミレイン50)にはパワー不足でした。

★バルブ ポンプに付いているバルブは別売です。吐出口にシール材を巻き付けて取り付けるのが一般的です。ポンプがオーバーパワーの場合、潅水資材が壊れるのを防ぐために使います。絞れば厚が当然下がりますからね。40や50のバルブは数千円する高価なものです。ポンプ買った後すぐに買うのは少し引きますが付けたほうが良いと思ってます。

★フィルター バルブの次に付いているのがフィルターです。これは小さなディスクフィルターをネットで見つけて付けてみました。フィルターはほんとに重大で変な用水路(砂が多い)から水を引くと、すぐにスプリンクラーや灌水チューブがつまります。吐出側じゃなくて 吸入口につけるものもあるようですが、めんどくさいのでこっち側だけにつけています。ディスクフィルターと言う商品と、スクリーンフィルターという商品があって スクリーンフィルターのほうがお安い上に小さくてかさばりませんが、破けます、変な用水路から水を取れば一発な気がします。一年持ったことがありません。 だから現在はディスクフィルターを使っています。50mmポンプに付けているのはもっと大きなもので架台が必要だったのでわざわざ買いました。

★継ぎ手 ねじ込みはあまり頻繁にねじるとネジがダメになる時があるので ワンタッチ継手とかカムロック継ぎ手と言われるようなものを使っています(付け替えが便利)トヨエックスさんの商品は、オスメス自在にあるので便利です。

★ホース 青い一般的なホースを使っています。

チーズ ねじ込みを付けた自作品

★チーズ 潅水ホースに水を分けるのに、塩ビで作ったチーズを使います。これはスミレインのページをみて作りましたが、これは良いです。ホース用のバンドで止めるチーズもありますが、ねじ込みする資材が多いしトラブルも少ないので無駄なホースを切らなくても良いのでこれを使っています。ねじるやつだと分解も楽ですよ、ホース側は樹脂のネジニップルをよく使います

 

★ 潅水チューブ 住友さんの スミレインワイドR うちの畝で片側2.5畝くらい飛びます。一本4畝 約8mの幅で使っています。

スミサンスイ うちの畝で4本はゆうに飛びます。畝が8本から9本 18mくらいの感覚で使っています

さんホープのスーパーディフューザーホースセット いろんなセットで買ったのでどれかは怪しいですがこれが5本あって直径18mから20mの円くらい飛びます。変形している畑の補助用とか狭い畑用に使っています

※上記の商品は確認したところカタログ値は全商品もう少し遠くまで飛ぶようですが、実際使っているとポンプの能力やフィルターつまり等があって我が社ではこれくらいの感覚で使っています。

 

野菜への潅水については、雨が降ることに越したことはないですが、なんだかはっきりした天気が増えているこの頃は必要なときが増えてきました。

こういう知識をある程度まとまって書いてあるところもなさそうなので残しておきます。何分独学ですのでおかしいところもあると思いますがご容赦ください。

 

人参播種そして潅水


お盆休みはいかがでしたでしょうか?

アグリ部門では人参の種まきが続いています。

うちのやり方は、畝を立て 人参を播種機で播種してたっぷり潅水

その後乾かさないように管理するという方法です。

潅水設備はエンジンポンプで用水路から水を引いています。

潅水でビシャビシャに

本当にビシャビシャにします。そうすることで土に人参の種が密着し乾きにくくなるはずです。

上に寒冷紗をかけたり 籾殻を蒔いたりしますがこの畑は一反6畝位あるので、もう水のみでやってます。

この潅水の加減も、種を乾かしたらだめだけど 水没もだめ 光と空気そして水がないと発芽しないという人参のわがまますぎる習性に苦しめられます。

今年はほんとに暑く 水やりの加減が難しく またあつすぎると芽が出ない人参の習性にも苦しみました。60点位でしょうか?

今年からメンバーが変わりはじめてのことばかりですが、経験しないとわからないこともありますね。本当に簡単ではありません。

涼しくなってきたので もうひと踏ん張りがんばります

人参みずやり


人参は芽出し命です。

芽が出ればこっちのものなんとか育ちます。

芽出しにはいろいろやりましたが、結局水やりが一番早くて確実です。

うちの圃場は転換田で潅水設備はないので、ポンプ、スプリンクラーを設置して水やりします。

特に播種直後は入念にやります

芽よ出てくれよ!! 胃の痛い日々が続きます。

石拾い


新たに畑に変えた圃場の石を拾っています。

大昔の土砂崩れのあとなのか 大石、小石がたくさん出てきます。大石をショベルカーのふるいバケットで除去して中石くらいを拾っていきます。

一回耕うんして また拾います。去年もやったんですが今年も、三時間で軽トラ二台分の石が出ました。

暑い中 辛いです。

職員総出で、グループ内の障害者施設ぴいぱぶの利用者さんも施設外就労に来てくれました。

ここは人参を植える予定です。

耕うんしてまた拾う

 

人参播種


人参播種 順調です。

これは 播種機で 金時人参を播種してるところです

 

うちの畑は、全てリン酸過剰の測定結果が出ています。鶏糞や糠などリン酸がたくさん含まれる資材が豊富なので仕方ないですね。

施設のボイラー(すべて木質ペレット)から出る灰も使うのでカリ分も豊富です。

だから現在のところ 窒素分は尿素や硫安等の化学肥料を使っています。今後もそれが続きそうですね。

有機JASはむりだろうな・・

種まき機

 

じゃがいも収穫


今日はじゃがいもの収穫です。給食部門の要望でメークインを中心に作っています。(皮が剥きやすい・煮崩れしにくい)

トラクター堀取り機

トラクターに付けた堀とり機で掘り起こし、人力で拾っています。 もう梅雨もあけ灼熱の中の作業。

拾う機械がほしいけど もう少しがんばります。

収穫したじゃがいもは、一旦冷蔵庫で保管して 全量給食で使用する予定です。

大雨の影響は少しあって 腐れが微妙に出ましたが大きな問題はないようです。

 

 

かごに入ったじゃがいも

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報

△TOP
益水興産有限会社  〒731-1515 広島県山県郡北広島町壬生433-4 Tel:0826‐72‐7750  Fax:0826-72-7750
Copyright (C) 2018 Masumizu-Kosan Co. Ltd All Rights Reserved.